今さら聞けない着物の種類と格の違い!

着物って色々な種類があってどの場面でどの着物を着るかよく分からない方多いのではないでしょうか?
また未婚、既婚でも着ていいもの、悪いものがあってよく分からないままで恥をかきたくないですよね。
そんな方もこれを見れば解決です。

1、まず大きく2つの着物に区別します
着物には”染め着物”と”織り着物”の2種類があります。
”染め”は白糸から白布にし、それを染めて色や柄を付けた着物。
”織り”は糸を先に染め、その糸を織り模様や柄を出す着物です。
簡単に言うと、後で染めるか、先に染めるかの違いです。
そして、”染め”の方が格が高い着物になります。

2、代表的な着物の紹介。
格の高い着物から紹介していきます。その用途も紹介しますので合わせてご覧ください。

 

黒紋付(くろもんつき) 染め着物

黒一色に無地、五つ紋が入っており未婚、既婚問わず着れる最高礼装です。
用途ーお葬式、また礼装用の帯を付ければ結婚式にも着れます。

留袖(とめそで) 染め着物

第一礼装で留袖には黒留袖、色留袖があります。

黒留袖は既婚女性の礼装です。
用途ー結婚式で親族が着用するのが一般的です。

色留袖は黒以外の留袖のことです。
訪問着と似ていますが、色留袖は裾にだけ柄があしらわれています。
昔は既婚者のみでしたが、現在では未婚既婚問わず着れます。
用途ー華やかなシーンでの着用。ゲストとしての結婚式(親族)やパーティーにふさわしいですね。

訪問着(ほうもんぎ) 染め着物

未婚既婚、それに年齢問わず着れるのがこの訪問着です。
特徴は襟から肩にかけて絵が一枚につながっていることです。
こちらは第二礼装になります。
用途ーお呼ばれシーン。友人や同僚などの結婚式。お宮参り、七五三、入学式、卒業式、お茶会など。一番オールマイティに着れますね。

付け下げ(つけさげ)

訪問着とほぼ同格。柄の入り方が似ていますがよく見ると襟と見頃(胴の部分)がつながっていません。
こちらも第二礼装ですが、シンプルなデザインが多く訪問着よりは格が低いとされています。
用途ー訪問着とほぼ変わりませんが、結婚式など格式のあるシーンでは訪問着の方が好ましいでしょう。

色無地(いろむじ)

紋があると第二礼装、なければ外出用のおしゃれ着ですね。
シンプルな一色染めが特徴。
用途ー明るい色は慶事に、暗い色は弔事に。こちらも紋や帯の組み合わせにより格が変わります。入学式、卒業式、七五三、法事、通夜。

小紋(こもん)

着物のおしゃれ着といえば小紋です。
観光地などでよく見かけるのがこの着物ですね。
デザインも豊富でポップなものやモダンなものまであります。
用途ー普段使いや外出用のおしゃれ着。

代表的な着物をざっと紹介しましたが、紋付きや帯によって格が変わるものもありますね。
どうしても迷ってしまったら専門の着物屋さんに問い合わせてください。
着物って奥が深く歴史なんかを覗くととても面白いですよ。
洋装も素敵ですが機会があれば是非、和装にチャレンジしてみてください。