着物でお出かけは魅力がいっぱい

着物でお出かけするというと、なんだか特別感があって、少しハードルが高いように思えますが、そこをあえて普段使いに挑戦してみることもお薦めです。

例えば、友人宅にお呼ばれして自宅ランチ会などで着物で行くとかです。そこに着ていく着物はコットン製の張り切り過ぎない安価な着物で気楽に着ていけるものが良いかと思いますが、もしそこに初めてお会いする方などがいると、とっても印象強く覚えてもらえますし、ほとんどは好評いただけます。

やはり着物で出歩くと目立つし、日本人にとっては正装ですから、初対面の人にも失礼でない、むしろ敬意を表す恰好だと思います。

そこでまず着物から話題も膨らむのですぐに会話に入れるし、人数の集まるイベント場所にはもってこいです。また、着物を着ていると不思議と自分自身の姿勢とか歩き方とかもなんとなく意識するのか動きが綺麗になるようです。どうしても小股でそそっと歩くようになるからかもしれません。

着物の着付けですが、ほとんどの方は難しいことだと思われているかもしれません。しかし慣れれば全然難しくありません。私自身は仕事で身に着けましたが、5回くらい着付けすればあとは自分ひとりで綺麗に着られるようになれると思います。

急げば20~30分くらいで着付け可能です。そして電車にのったり街を歩いて移動したりするのですが、道行く人にちらっと見られたり、声をかけられたりもします。

普段洋服で出歩いていても、知らない人に声をかけられたり外国人に写真を求められたりすることはまずありませんので、これも着物がいかに魅力的かということだと思います。

思わず顔もほころんでしまいますね。だから着物は、特別なときだけでなくて普段使いに使いこなせれば、世界も広がるしとても良い気分でお散歩が出来るし、自分に自信も持つことが出来て良い事ずくめなのです。

困ったことは、着物の魅力にはまると沢山着物が欲しくなってしまうことでしょうか。帯や草履もいろいろ目移りしてしまいます。

今はインターネットのオークションで中古着物なんかも安く手に入りますので、買い物の楽しみも増えてしまいますね。しかし価値は落ちない着物、持っていて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です