不要になった着物を高く売る方法は?

現代は着物を毎日着る生活ではなくなり、タンスの肥やしなどと言われてしまいますが、最近「買取りをしてほしい」といった声をよく耳にするようになりました。

京都で着物買取

着物と言えば高価、上品、高級というイメージがついて回ります。それは間違ってはいませんよね。
確かに呉服店で見かける着物に、ファストファッション並みの値段はついていません。

ところが、どれだけ高級な着物であっても、買取をしてもらうと恐ろしく安値がつくことが多いのです。
数十万円になる祖母の着物ですと言ってリサイクルショップに持ち込んでも、せいぜい数千円くらいにしかならないこともあります。

売りに行った人はその値段を聞いて、「あれほど高いと言っていたのに!」とか「すごく有名な店で買ったものなのに!」と愕然とすはずです。

なぜこんなことが起きるのでしょうか。

単に古着だから安くなるのではありません。着物が高く売れないのには、しっかりした理由があるのです。

もともと着物は、ひとりひとりに合わせて仕立てられた「型」があります。今でいうオーダーメイドです。

その人の体型に合わせて細かく採寸され、身体にぴったりと合うように作られています。体型が十人十色なら、着物の形も十人十色ですよね。

誰でもフィットするような現代の洋服とは違い、袖の長さや裾の高さも1人ずつ異なります。そんな個人仕様のものを、わざわざ買い取っても着たい人はそれほど多くありません。

そのため、よほど使い勝手のいい安めの紬などは買い手がつくことがあっても、最高級の友禅が描かれている留袖などは、個人要素が強すぎて需要がないのです。

留袖に関しては家紋も入っていますから、紋を入れ替えたり仕立て直したりする手間を考えれば、買うか借りるかしてしまった方が早いということになります。

ただ最近では、海外で着物ブームが静かに到来しています。銘仙や袋帯などの古着を海外のバイヤーが求めてくることが多くなったと聞きます。

そういった海外での需要が増え、買い手が増えてくれば、どれだけ特徴のある着物でも高く売れる時代がくるかもしれません。

ただ、着物を売る店の選定はしっかりやらないといけません。間違ってもリサイクルショップなどの着物の専門知識のないお店で売ろうとすると、二束三文になってしまいます。

では、どこのお店で売ればよいのか?それは着物の価値を査定できる着物買取店での売却がいちばん高く売れると思います。

いま人気があるのが、無店舗型の出張買取店です。店舗を運営する経費が掛からない分、たかく買い取ってもらえるそうですよ。

着物の出張買取店えらびに参考になるサイトを紹介しておきますね。

参考サイト:京都で着物買取※初めてでも安心の買取店は?

京都を含む全国対応していますので、着物を売ろかなと思っている人はアクセスしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です