特別な時だけでなく、いつもの日常に彩りを添える着物

着物は特別な時に着るものだと思っている方が多いのではないでしょうか。冠婚葬祭や入学式や卒業式など、式典のイメージが強いですよね。

普段着として着るにはちょっと敷居が高い…と思ってもそんなことはありません。着物は日本人に馴染の深い伝統衣装です。

昔の人たちにとっては普段着だったのですから、今の私達に難しいというわけではないんですね。

なぜ難しいのかと言うと、着物を持っていない、もしくは持っていても着る方法を知らないという理由ではありませんか?

しかし着物を着るだけなら至って簡単。着物はレンタルで借りられるものもありますし、自分で着付けができなくても、無料もしくは有料の着付けサービスもあったりします。

着物を購入するとなるとかなり敷居が高いですが、レンタルなら気軽に着ることができますね。たくさんの色とりどりの着物や、帯締めなどのたくさん小物の中から自分の好みのものを選ぶだけでもとても楽しいですよ。

季節によって絵柄を変えることで、同じような色の着物でも、全く違った雰囲気になります。お友達との食事会をいつもと違ったテイストにしたいなら、服装を着物に変えてみるのはいかかでしょう。

どんなに素敵なワンピースよりも、着物ならより女性らしさを演出できること間違いありません。なぜか所作や立居振る舞いもしっとりとするので不思議なものですね。

着物を自分で着てみたい、と着付けに挑戦しようと思っている方はぜひやってみましょう!呉服店や市のカルチャースクールなどで無料の着付け講座もありますし、動画サイトでとても丁寧にゆっくりと分かりやすく着付けの説明をしてくれている動画がたくさんあり、何度も見直しながらトライできますよ。

難しいかどうかはやってみてから決めましょう!せっかく日本人なのですから、着物を着る楽しさを知るのも良いのではないでしょうか。

何気ない日も、きっと特別な一日になることと思います。着物のレンタルショップをちょっと見てみたり、着物雑誌を見るところからはじめてみましょう。

着物を通して良い出会いや新しい経験が待っていると思いますよ。

着物が大好きな主婦・マイです

こんにちは。このサイトでは、着物好きなわたしが、着物についてのあれこれを語っていきたいと思います。

わたしが物心ついたときから母が毎日着物を着ていて、その影響もあって私も着物が好きになりました。

いまでは、日常生活で着物を着る人って男女を問わず少なくなってきましたよね。女性なら、成人式くらいでしょうか。それこそ日本舞踊とか茶道なんかを習っていないと、着物なんでメンドウだし着ませんよね。

でも、着物は日本の伝統文化です。すたれることはあっても決してなくしてはいけないと思うんです。だから、わたしは着物の魅力を伝えていければなと考えています。

2020年の東京オリンピックを前にして、諸外国では日本の着物が人気あるそうですよ。なので、もし譲り受けたりして着ることのない着物があるのなら、欲しい人に売るという方法もあります。

着物の専門知識をもった買取店なんかも紹介していきたいと考えています。ぜひ参考にしてくださいね。